木のライン

題名

木のライン

失敗しない貸別荘選び
失敗しない貸別荘選び2
別荘建てたい人気都道府県
ログハウスなんてオシャレじゃない
別荘を買う

別荘を買う

別荘が欲しいけど新築で建てるのはちょっとと言う方は中古物件を買うという選択肢もあります。たしかに中古物件は新築にくらべると古いイメージがあると思いますが、ちゃんとリフォームされていれば問題ないと思います。中古物件を買うことで多少は自分の思い通りのものではないにしろ新築より安くですみますので、その分の浮いた予算で新しく家具や自分の思うとおりのリフォームも出来ます。ここで中古物件の別荘を買うときの意外な注意点をいくつか挙げてみたいと思います。中古なだけに色々確認したり、他の業者と見比べたりもすると思いますがここで挙げられている注意点も参考にしてよりよい物件を探してみて下さい。

管理事務所がどこにあるかチェックしましょう

「マンションは管理を見て買え」とはよく言いますが、別荘を買うときもこのことが言えると思います。別荘自体はそれぞれ個人の所有ですが、同じ別荘地帯に建つ別荘や土地は購入者が毎月払う管理費で管理会社が管理してくれます。なぜ管理が必要かと言うと別荘は毎日そこに人がいる訳ではないので留守の時管理してくれる人がいると安心出来ます。

まずチェックしたいのが、管理事務所がどこにあるのか?です。通常は別荘地内に管理事務所がありますが、開発不動産が倒産したり、不景気のあおりをうけ管理会社が撤退している所もあります。中古物件を見る場合案内してくれる不動産会社にそういうところも聞いてみるといいでしょう。

ある所は、別荘地の開発業者は倒産してしまったが、管理会社は残りそのままその場所で管理を続けているというケースもあります。又、管理会社が撤退してしまい、同じ別荘地でもオーナーによって管理会社が違う所もあります。ここは、別荘地に管理会社がないのでオーナーが自分で他の管理会社と契約をし管理を任せているんです。なにかトラブルがあったらと不安な方は近くに管理会社があるかどうか等も確認しましょう。

基本料金でどこまで管理してくれるのか?

管理費は土地面積に合わせて費用が請求されますので広い土地だと高くなり、狭いと安くなります。その土地に建物が無く土地だけだとしても管理費は発生してきますし、建物が建つとその分の管理費も追加されます。軽井沢や熱海など有名な所は他よりやはり高いようです。又、管理費の基本料金にプラスして、オプション料金を払うことで追加で見てくれるようです。

基本料金でどれだけ見て貰えるのでしょうか?

@フロント業務

A巡回パトロール

B雪が降ったら道路の除雪作業

C街頭の点検や植栽の手入れ

Dゴミの仕分け

E落ち葉の回収

F路肩の除草

管理規約はそれぞれ別荘でちがいますが、基本料金に含まれるのはだいたいこのぐらいです。

ですので、別荘地に行って管理がちゃんとされているかを見るにはゴミ置き場の状況や、道路の状況をみると分かるのです。特に、ゴミはちゃんと分別されているか確認してみましょう。

オプションだとどんなのがついてくるの?

通常の基本料金に加えオプション料金を払うと色々なオプションを受けることができます。

@水抜きや水出し

A玄関までの除草や雪かき

B到着する前に部屋に暖房を入れておく

C留守時の窓の開閉

D室内や室外の掃除

E布団の貸し出し

F・・・・・

等々挙げていったらきりがありません。

雪が降る地域では道路は除雪されていても自分の別荘の前に来たら家に入るまで雪かきをしていかないといけないなど問題もあります。財布に余裕があるのであればオプションを利用してなるべく余計な作業はしないでおきたいですよね。

別荘を見に行くときは雨の日に行く

「え!わざわざ雨の日にいくの?」なんて思うかも知れませんが、別に晴れの日に行くなと行っているわけではございません。できれば雨の日に行った方が良いですよと言うことです。

別荘で定住しないとしても、休みの日が必ず晴れているとは限りません。晴れている日に別荘を見に行ったら別荘の雰囲気や、周りの様子などがよく分かると思いますが、しかしそんな時は地面のしめっている場所というのがよく見落とされがちです。水道(ミズミチ)と呼ばれる場所になる所なのですが、これは小川ではないですが、水がチョロチョロと流れる場所の事です。晴れた日が続いたら水が流れていないかも知れませんが、大雨などが降ったとき思わぬ出水に見舞われる可能性もありますので注意が必要です。ですので、晴れの日が悪いのではなく天候が悪いときに見ておけばなんらかの自然現状がわかり、購入した後に泣くこともないのです。

別荘は、食料や住宅と違って不要不急の物です。別に無くても生活に困りませんし、支障はありません。しかし、あれば自分自身の生活が豊かになることでしょう。天候が悪い時期や、夏などの他の別荘のオーナーがたくさん訪れる時期の周囲の状況や、環境の調査をする事は大事な事ですし、良い状態の物件を買うためには当然のことだと思います。買ってからこんなはずではなかったではどうしようもありません。購入の際には調査に妥協はせず納得のいくまで調べた上で決定した方がいいでしょう。

仙台の賃貸の見学に行くときは別に雨の日じゃなくても大丈夫ですよ!!仙台賃貸を借りようという方は別荘と違い常に住むわけですから、たとえ雨漏りしてもすぐに気づくことができます。仙台の場合は雪が降る土地なので、夏に賃貸を借りた場合は気をつけてください。

Valuable information

ビーズ 卸

最終更新日:2017/6/1

 

ホーム